第297回番組審議会議事録 令和3年7月度
1.開催年月日  令和3年7月26日(月)

2.出席委員   種田生司 安藝広美 川崎卓巳 加納璃乃 (順不同)
                                     
  欠席委員   宮地貴嗣 下村三和 竹村朋子(順不同)

  社  側    代表取締役社長 小松 健
          放送制作部長 矢野 剛
          営業部専任部長 長山 卓司
                                                                 
3.議題
 
  1.「CHINTAI presents きゃりーぱみゅぱみゅChapter#0〜Touch Your Heart〜」
    6月20日、6月27日(日)12:30〜12:55放送分の審議
  2.その他エフエム高知の放送全般について

4.議事の概要
 きゃりーぱみゅぱみゅは番組の進行役としてゲストの話を上手に引き出していた。ゲストのsumikaのボーカルの片岡さんの話は面白くて、好感の持てる内容だった。背中を押してくれた作品のエピソードは、番組の切り口としてとても良いので、もっと掘り下げて欲しかった。
5.議事の内容

1.「CHINTAI presents きゃりーぱみゅぱみゅChapter#0〜Touch Your Heart〜」について  

委 員
 番組のイメージがつかめないまま聞いたのですが、ゲストの方の人生のターニングポイントなどについて詳しく話していて、概要にあった「本音でトーク」というのはゲストのことだったのだと分かりました。きゃりーぱみゅぱみゅは番組の進行役としてゲストの話を引き出したりまとめたりしていて、それでいて流れを邪魔しないトークはゆったりとしていて聞きやすかったです。

委 員
 きゃりーぱみゅぱみゅの声が可愛らしかったです。CHINTAIのCMを聞いて、一人暮らしをするような頃だったらアクセスしたかもしれないと思いました。ゲストのsumikaのボーカルの片岡さんの話が面白くて、バンドをするようになった経緯や、意を決して手を挙げてステージに立ったエピソードなどは嬉しくなるような話でした。2週目の放送で印象的だったのは、コンセプトはバンドを続けることだとか、邪念を持たずに音楽に取り組みたいという話でした。お部屋探しは排水が良いことに重点を置くというのが面白かったです。羊と鋼の森の話は、きゃりーぱみゅぱみゅさんは感動してたんですけどよく分からなくて、良い話なのにもどかしかったです。2週にわたって好感の持てる内容でした。  

委 員
 ゲストが新しい一歩を踏み出す時に背中を押してくれる作品、という非常に面白い着眼点に興味を持ちました。リディアムサウンターが紹介されていました。誰にも背中を押してくれた音楽や映画があると思いますが、番組の切り口としてとても良かったと思うので、もっと掘り下げてみてはどうかと思いました。きゃりーぱみゅぱみゅはトークが上手になっていて、ゲストの長所を引き出せていたと思います。スポンサーのCMはリスナーにぴったりでした。  

委 員
 sumikaの片岡さんの声はとても聞きやすく、学生時代のエピソードは耳に残りました。オープニングの曲にかぶるようにトークに入ったのですが、歌詞が気になって聞きづらかったです。きゃりーぱみゅぱみゅはゲストの話を上手に引き出せていたと思います。CMはいろんなバージョンがあって面白かったです。きゃりーぱみゅぱみゅ自身も言っていましたが、これからの自分をどうしていくかというのが感じられた番組でした。可能性を広げていって欲しいと思います。  

2.その他エフエム高知の放送全般について 
     なし
6.審議機関の答申または改善意見に対してとった措置及び、
  その年月日

  なし  

7.審議機関の答申または意見の概要を公表した場合における内容、
  方法、及び年月日


  <第296回番組審議委員会>

   ・放送日 令和3年7月4日(日)25:00〜25:05
   ・議事録の公表(総務部にて)
   ・ホームページ   令和3年7月2日(金)

8.次回審議会は令和3年9月28日(火)
←FM高知トップページ