第291回番組審議会議事録 令和3年1月度
1.開催年月日  令和3年1月26日(火)

2.出席委員   種田生司  安藝広美  宮地貴嗣  川崎卓巳  
         下村三和  竹村朋子  早川侑志 (順不同)
                           
  欠席委員   なし

  社  側    代表取締役社長 小松 健
          放送制作部長 矢野 剛
          営業部専任部長 長山 卓司
                                                      
3.議題
 
  1.「Yuming Chord」
       1月1日(金) 11:00〜11:30放送分の審議
  2.その他エフエム高知の放送全般について

4.議事の概要
 この回は少し物足りない感じがした。いつもはリスナーとのやり取りや、曲に対する思いなどユーミンワールドが楽しめるが、元日の放送ということで、今年の抱負や昨年の紅白や最新アルバムの話などたくさんあり過ぎて頭に残らなかった。「A HAPPY NEW YEAR」を久しぶりに聞いて懐かしかったし、丑年にちなんだ「Cowgirl blues」も良かった。ユーミンの言葉が心にヒットする人もしない人も気軽に聞ける30分だったと思う。ユーミンのゆっくりした話し方は聞きやすかった。
5.議事の内容

1.「Yuming Chord」について  

委 員
 番組の冒頭で流れた曲が好きな曲だったので嬉しいなと思いながら聞き始めたら、40年前の曲ということでそんな歳になったのかと驚きましたが、40年前と変わらず好きで良い曲だなと思いました。しばらくラジオ番組を聞いてなかったのですが、相変わらず話し声が好きだなと思いました。新年の放送だからということもあると思いますが、今年の豊富について語っていて、過去の自分が今の自分を支えていて今の時間が未来を支えるとか、ぶれない心とか、やるべきことを一つ一つやっていこうとか良いことは言ってたんですけど、私の好きなユーミンのあの声でもっと日常の話を聞きたかったです。でもやっぱりユーミンが好きだなと思いました。この回は期待したのとは違いました。

委 員
 久しぶりにユーミンの番組を聞きました。「A HAPPY NEW YEAR」は久しぶりに聞いたけど、好きだったなと懐かしく思いました。「昨晩お会いしましょう」もよく聞いてました。丑年にちなんだ「Cowgirl blues」が良かったです。ユーミンの曲は思い出とリンクするところが良いと思います。ユーミンが頑張っているのを見ると僕も頑張らないと、と勇気をもらいました。  

委 員
 日曜日の番組を良く聞いていて、ユーミンの番組の前に福山雅治の番組があってゴールデンのリレーバトンでした。音楽の間にメッセージが入るというユーミン的な番組だなと思いました。年始ということで、過去の自分が今の自分を支えていて今の時間が未来を支えるいう話があり、ユーミンワードが心にヒットする人もしない人も気軽に聞ける30分だったと思います。年を重ねると、過去の自分が今の自分をつくるだけでもないかなとか、引きこもっていてもその時をどう生かせるかとか、ユーミンはそれも含めて言ってるんだろうなというのは分かるんですけど、年齢を重ねたリスナーになるといろいろ考えてしまいました。ザ ユーミンワールドの良い番組だったと思います。  

委 員
 「真夏の夜の夢」とか「春よ、来い」を歌ってるのがユーミンのイメージでトークをきちんと聞いたことがありませんでした。歌手としてのユーミンというイメージだったので、先入観なく番組を聞き始めました。お正月の放送だったからだと思いますが、むかしのアルバム「Cowgirl Dreamin’」の話や、最新アルバムの話、紅白の話、コロナ禍の話など、曲が流れるたびに話が変わっていって、頭に残りませんでした。リスナーとのやり取りやゲストがいたりするとまた違った印象だったかも知れません。ファンにとっては良い内容だったんだろうなと思います。  

委 員
 年末にお正月の雰囲気を出して作る難しさがあったと思います。パーフェクトなユーミンとパーフェクトなスタッフがいながら、お正月らしさが出せないのは残念な感じがしました。10回近く聞きましたが、ユーミンらしい記憶に残る言葉がなくて、リスナーに訴えかけるものがなかったです。もう少し違う内容に出来なかったかなあと思いました。  

委 員
 番組全体を通して楽しく聞かせていただきました。トークの内容はもちろん共感する部分も多かったのですが、松任谷さんはあまり早口で話す方ではないのでゆっくりと話されるのが聞きやすく、それも楽しく聞けた要因の一つかなと思いました。内容は元日に絡めた話ではあったのですが、トークがあって曲が流れるという少し一方通行のような感じもあったので、もしリスナーの声やゲストがいるとまた違った感じになったと思います。全体を通してリラックスしながら聞ける番組でした。  

委 員
 いつも仕事をしながら聞いていますが、この回は少し物足りない感じがしました。いつもはリスナーとのやり取りや、曲に対する思いなどユーミンワールドが楽しめるのですが、今年の抱負や昨年の話など色々あり過ぎて聞いていて面白くなかったです。何度も聞いても頭に残りませんでした。一つのコードをテーマにするならもっと特化したほうがいいと思いました。長寿番組なのでこれからも良い番組にしていって欲しいです。  

2.その他エフエム高知の放送全般について 
     なし
6.審議機関の答申または改善意見に対してとった措置及び、
  その年月日

  なし  

7.審議機関の答申または意見の概要を公表した場合における内容、
  方法、及び年月日


  <第290回番組審議委員会>

   ・放送日 令和2年12月6日(日)25:00〜25:05
   ・議事録の公表(総務部にて)
   ・ホームページ   令和2年12月3日(水)

8.次回審議会は令和3年2月22日(月)
←FM高知トップページ