第266回番組審議会議事録 平成30年6月度
1.開催年月日  平成30年6月26日(火)17:30〜18:30

2.開催場所   エフエム高知 5階大会議室

3.出席委員   種田生司  安藝広美  川崎卓巳  下村三和
         浅田美由紀  土肥純佳(順不同)
                           
  欠席委員   宮地貴嗣

  社 側     代表取締役社長 安岡 直人
         役員待遇総務部長兼営業部長 長山 卓司
         放送制作部長 矢野 剛
                                   
4.議題
 
  1.「ママそら高知のスマイルラジオ」
       5月16、23日(水)11:30〜11:55放送分の審議
  2.その他エフエム高知の放送全般について

3.議事の概要
 子育て中の人や子育てを経験した人が共感できる内容だった。ゲストの高知県地域福祉部児童家庭課の加藤さんは素人とは思えないほど話し上手で、玉井さんが加藤さんの話を具体的に聞き出そうとしていて好感が持てた。玉井さんの語りは落ち着いていて聞き取りやすかった。自らの子育ての体験を話しているのが良かった。高知版ネウボラや地域子育て支援センターの説明は具体的な支援が分からなかった。フィンランドのネウボラをどうして高知でするのか、誰が始めたのか、など学んできた人がいるのであれば生の声を聞きたかった。小佐井先生の話が少し聞きづらかったのが残念だった。
6.議事の内容

1.「ママそら高知のスマイルラジオ」  

委 員
 県の子ども支援の取り組みが良く分かりました。ゲストの高知県地域福祉部児童家庭課の加藤さんは素人とは思えないほど話し上手でした。加藤さんは標準語でしたが、高知訛りのところがあったら親しみやすかったかなと思います。玉井さんが丁寧に何度も質問をして説明をしてくれるので、ゆったりとして聞きやすい番組になっていました。CMは秀逸で耳に残りました。小佐井先生の話が少し聞きづらかったのが残念だったので、聞き手の玉井さんがもう少しゆっくりと聞いて確認をしていくと、リスナーにも伝わりやすかったと思います。

委 員
 フィンランドの「ネウボラ」を初めて知ったのですが、高知版のネウボラについての紹介だったり、子育て支援センターの紹介だったり、制度の紹介があったので、これから子育てをする人達にも役立つ番組だと思いました。県の加藤さんは、淡々と情報だけを述べるのではなく、ご自身の子育てについても語っていたのが良かったです。小佐井先生の話が聞き取りにくかったのが残念でした。  

委 員
 玉井さんの語りは落ち着いていて聞き取りやすく、好印象でした。子育て中の人や子育てを経験した人が共感できることが散りばめられていたと思います。玉井さんと児童家庭課の加藤さんが自らの子育て体験を交えて話していたので、より子育て世代の共感を得られる内容になっていたと思います。私が子育てを経験していないからだと思いますが、制度の紹介はあまり頭に入ってきませんでした。玉井さんがスタジオを飛び出して小佐井先生に話を聞きに行っているのがすごいなと思いました。  

委 員
 玉井さんの話は聞きやすくて、加藤さんの話を具体的に聞き出そうとしているのは好感が持てました。高知版ネウボラとか地域子育て支援センターの説明をされたのですが、どこにあるのかも分からなかったので、もっと具体的なことを知りたかったです。素人とは思えない加藤さんの子育てトークは、男性の子育て参加を促す啓蒙にはなるのかなと思いました。入園前の子どもを持つ親に対するピンポイントの番組で、そういう番組もあっていいかなと思いました。耳そうじのことなどは分かりきっていることなので、新しい情報が欲しかったです。CMは番組内容と合っていました。玉井さんの「お部屋」とか「見れる」とか「旦那さんを連れて行っていただく」という言葉が気になりました。加藤さんも「奥さんが」と言っていたのですが、それも気になりました。  

委 員
 玉井さんの優しくホッとする感じに好感を持ちました。ネウボラの具体的な支援が分かりませんでした。フィンランドのネウボラをどうして高知でするのか、誰が始めたのかなど、もし学んできた人がいるのであれば具体的な生の声を聞きたかったです。実際にネウボラの支援を受けて助かったお母さんの話を聞いてみたかったです。さらっと流された感じがしました。県の加藤さんみたいな男性は珍しいと思うので、優等生的な話ではなく、男性に手伝ってもらう時の声掛けのコツなど、生の声を聞きたかったです。せっかく良い話をしているのに、全体的に全部説明されている感じがしました。先ほど「土佐弁で話したらいい」という意見がありましたが、そういった意味では、小佐井先生の話は聞き取りにくかったですが高知感が出ていて親近感が湧きました。  

委 員
 オープニングの音楽が良かったです。プロかと思うほど玉井さんが上手でした。構成が良かったです。「ネウボラ」を初めて聞いたのでいろいろ調べたのですが、番組内ではさらっとショートカットされてしまった感じがしたので、もう少し分かるように説明して欲しかったです。玉井さんと加藤さんが子育ての体験を話されているのが良かったです。加藤さんが県の職員として説明する時に話し方が変わるのが残念でしたが、非常にソフトで耳に入ってきました。子どものイベント情報などもあり、軽く楽しく聞ける番組でした。地元ならではの特色のある番組にしていってもらえたらといいなと思いました。    

 

2.その他エフエム高知の放送全般について 
     なし
7.審議機関の答申または改善意見に対してとった措置及び、
  その年月日

  なし  

8.審議機関の答申または意見の概要を公表した場合における内容、
  方法、及び年月日


  <第265回番組審議委員会>

   ・放送日 平成30年6月3日(日)25:00〜25:05
   ・議事録の公表(総務部にて)
   ・ホームページ   平成30年5月28日(月)

9.次回審議会は平成30年7月23日(月)17:30から開催
←FM高知トップページ