第257回番組審議会議事録 平成29年7月度
1.開催年月日  平成29年7月25日(火)17:30〜18:30

2.開催場所   エフエム高知 5階大会議室

3.出席委員   種田生司  安藝広美  川崎卓巳  天野弘幹
         下村三和  土肥純佳(順不同)
                           
  欠席委員   宮地貴嗣

  社 側     代表取締役社長 安岡 直人
         役員待遇総務部長兼営業部長 長山 卓司
         放送制作部長 矢野 剛
                         
4.議題
 
  1.「ゆうちょpresents田村淳のFLY HIGH!〜挑戦が未来を熱くする〜」
       6月18、25日(金) 11:30〜11:55放送分の審議
  2.その他エフエム高知の放送全般について

3.議事の概要
 ゲストであるバリスタの鈴木樹さんの話は、コーヒー素人にも分かりやすかった。産地名やコーヒーの種類など耳慣れない言葉も、田村さんが聞き返してくれることでさらに分かりやすくなっていた。田村さんは飲みレポが大変上手でコーヒーの魅力が伝わってきた。コーヒーを淹れる音やカップがカチャカチャ鳴る音は、スタジオで飲んでいるリアリティ感が増して、ラジオならではの魅力が出ていた。鈴木さんが優勝できない時期にどんなふうに思っていたのか聞けて良かった。ゆうちょは固いイメージがあったが、ユニークで斬新なCMが良かった。
6.議事の内容

1.「ゆうちょpresents田村淳のFLY HIGH!〜挑戦が未来を熱くする〜」  

委 員
 ゲストであるバリスタの鈴木樹さんの話は、コーヒー素人にも分かりやすかったです。地名やコーヒーの種類など耳慣れない言葉も、田村さんの聞き返しと合わせて、リスナーにとっては聞きやすい番組だったと思います。2人の話は大変グレードの高いものだったと思います。お札のCMが面白くて発想がすごいなと思いました。いったいどこのCMかなと思うぐらいでした。番組の格調高い内容と面白いCMが合わさって、番組全体のイメージが良かったです。日曜日の午前中ということで、お子さんが聞いてもお金の大切さが分かるCMだったと思います。

委 員
 田村さんと鈴木さんのコーヒーの話が的確で分かりやすくて、田村さんの饒舌な感じと鈴木さんのおっとりしている感じが合っていたので、二人の相性が良いなと思いました。鈴木さんが難しい言葉をかみ砕いて説明してくださっていたので、コーヒーに詳しくなくても理解しやすかったです。曲と番組内容が合っていたのが良かったです。  

委 員
 聞き馴染みのないマニアックな言葉が出てきて難しかったのですが、そこが逆にその道のプロが出ているというリアリティが感じられて良かったです。淳さんの食レポならぬ飲みレポが大変上手でコーヒーの魅力が伝わってきたし、コーヒーに対する知識とバリスタに対する理解がすごいなと感心しました。淳さんが事前に勉強しているのかコーヒー好きなのか分かりませんでしたが、よりコーヒーの魅力が伝わるし、ゲストからさらに深い話を聞き出せるのではないかと思いました。コーヒーを淹れる音やカップがカチャカチャ鳴る音は、スタジオで飲んでいるリアリティ感が増して、ラジオならではの魅力だなと思いました。ゆうちょはなんとなくお固いイメージがありましたが、ユニークなCMで斬新な感じがして楽しく聞くことができました。  

委 員
 鈴木さんは丸山珈琲という長野の軽井沢にあるお店にお勤めだそうですが、番組内では一度しか言わずに、主に自分のしている仕事について話をしていて、バリスタという職業の専門的な話に集中して聞けるように作られていると思いました。ナチュラル、ウォッシュド、ハニーという精製方法を知った田村さんが「またコーヒーのこと覚えたよ、使ってみよう」と言っていましたが、私も勉強になりましたのでどこかで使ってみようかなと思いました。2回分聞かせてもらいましたが、負担にならない感じで心地良く聞かせてもらいました。優勝できない時期にどんなふうに思っていたのか聞いているところがありましたが、どんなふうに臨んでいたのかということが分かって、そういうところが良かったです。先ほどお話しが出ましたが、お湯を注ぐ音やカップの音は、私もいいなと思いながら聞かせてもらいました。  

委 員
 今コーヒーブームなので、バリスタの方を取り上げているのが旬だなと思いました。バリスタというと勝手に男性のイメージがあったのですが、女性というのが意外な感じがしました。18日の放送では、豆の話とか産地の話とか聞いたことのないカタカナの言葉がたくさん出てきて、なかなか頭に入りにくかったのですが、知らない単語を聞くのも面白いなと思いながら聞きました。18日放送のホームページを見ると、ペーパーではなくフレンチプレスで淹れていました。フレンチプレスで淹れたコーヒーを飲んだことがないのでどんな味がするのだろうと思いました。25日の放送では、優勝出来なかった頃はコーヒーを淹れることを楽しんでいなかったと言っていたので、仕事を楽しんですることは大事なのだなあと思いました。CMは受け狙いな感じがして、いまいちでした。ゆうちょはお固くて真面目なイメージがあるので、できればそういう路線で作って欲しいなというのが個人的な意見です。  

委 員
 何度聞いても苦にならない番組でした。田村さんはゲストの良さを引き出せていて感心しました。次々と会話が弾んでいて、コミュニケーション能力の高さを感じました。コーヒーを飲んだ時の表現が「おいしい」とか「香りが良い」という表現で終わらずに奥深い表現をされていました。コーヒーの世界と、鈴木さんの輝かしい履歴と、バリスタという職業の再認識が出来ました。勤務先の丸山珈琲は一度出てきただけだったので、逆に関心を持ちました。カップ1杯のコーヒーでもコミュニケーションが取れる、それをどういうふうに伝えていくのかがバリスタの仕事だと言っていましたが、私の仕事もそういうところがあるなと勉強になりました。若い人だけでなく、熟年でもより良い未来を拓いていくヒントをもらって、未来を目指して行こうかなという気持ちにしてくれました。短い時間でしたが、内容が凝縮された楽しい番組でした。最初のCMは良かったですが、後のCMは気になりました。  

委 員
 CMは良かったと思います。あえて違うCMにしているのだと思います。  

委 員
 音楽のつなぎが良かったと思います。  

委 員
 曲の紹介はなかったですよね。あえてなかったのかも知れませんが、気になりました。    

 

2.その他エフエム高知の放送全般について 
     なし
7.審議機関の答申または改善意見に対してとった措置及び、
  その年月日

  なし  

8.審議機関の答申または意見の概要を公表した場合における内容、
  方法、及び年月日


  <第256回番組審議委員会>

   ・放送日 平成29年7月2日(日)25:00〜25:05
   ・議事録の公表(総務部にて)
   ・ホームページ   平成29年7月3日(月)

9.次回審議会は平成29年9月26日(火)17:30から開催
←FM高知トップページ