第255回番組審議会議事録 平成29年5月度
1.開催年月日  平成29年5月26日(金)17:30〜18:30

2.開催場所   エフエム高知 5階大会議室

3.出席委員   種田生司  安藝広美  川崎卓巳  天野弘幹
         下村三和  土肥純佳(順不同)
                           
  欠席委員   宮地貴嗣

  社 側     代表取締役社長 安岡 直人
         役員待遇総務部長兼営業部長 長山 卓司
         放送制作部長 矢野 剛
                         
4.議題
 
  1.「YURIとYUUの高知CoCoダネ(^^♪」
       5月4日(木) 12:00〜12:45放送分の審議
  2.その他エフエム高知の放送全般について

3.議事の概要
 デビューしたての2人の女性パーソナリティが初々しかった。2人の声が似ていて分かりづらかったので、2人の違いを出せるように工夫すれば、掛け合いが分かりやすくなるのではないかと思う。2人の掛け合いは、ややタイミングが合っていないと思うところもあり、イントネーションが気になるところもあった。それもすべてフレッシュ感で補えている感じがした。みどりの日についてはもっと調べておくべきだった。不適切なところは編集をした方が良かったと思う。食レポは上手で、行ってみたいところもあり、聞いていて楽しかった。幕末維新博についての取材は臨場感があり、その場の雰囲気が伝わってきた。
6.議事の内容

1.「YURIとYUUの高知CoCoダネ(^^♪」  

委 員
 デビューしたてのほやほやの2人でしたが、食レポはベテランの域に入る感じがしました。現地へ足を運んで様々なフレッシュなネタを取材していましたが、表現は別にしても取材相手との受け答えやリスナーに配慮した聞き方は合格点を出せるのではないかと思います。ただし、みどりの日についてはもっと調べておくべきだったと思うし、「どうでもいい」というのがとても引っかかったので、公共の電波で流すのには編集をした方が良かったと思います。唯一の残念な点が最初にあったので、気分を害された方もいたのではないかと思いました。「聞いている人」「みなさん」「方」の言い方がばらばらだったので統一してはどうかと思いました。この番組が毎回進化していると信じていますので、よく勉強していただきたいと思います。

委 員
 取材の時のパーソナリティの声がどちらなのか分かりづらいというか、場面が変化したのが分かりづらかったです。BGMなどで場面が変化したことを分かりやすくしたほうが良かったのかなと思いました。食レポは面白くて実際に行って食べてみたくなりました。曲のフェードアウトをもっと長くしたら良いのではないかと思いました。BGMと声が重なって聞きづらいなと感じるところがありました。田野町のスタンプラリーは、説明だけでなく実際にスタンプラリーを体験しているところが面白かったです。

委 員
 全体的にフレッシュ感満載といった印象でした。食レポは美味しそうだなと思うところがいくつもあり、聞いていて楽しかったです。幕末維新博についての取材は、施設の音やBGMやまわりの声も入ってきて臨場感があり、その場の雰囲気が伝わってきたのが印象的でした。各施設で働く人のコメントも良い意味での素人感があって良かったです。2人のパーソナリティの掛け合いは、ややタイミングが合っていないと思うところもあり、イントネーションが気になるところもありました。それもすべてフレッシュ感で補えているかなという感じがしました。選曲は聞きなれたもので楽しく聞けました。全体的に明るい雰囲気で良かったと思います。  

委 員
 幕末維新博特集ということでしたが、催しがたくさんあってややうんざりという中で、どのような番組になるのかなと思って聞かせてもらいました。結果は幕末維新博とはあまり関係のない構成だったと思います。最初がほっかほっか亭で、田野町、アクトランドでしたが、気になったのは、どこまでが番組なのかCMなのか分かりづらかったことです。ほっかほっか亭はCMにしか聞こえませんでした。田野町さんもアクトランドさんもCMなのかと思って聞いてしました。営業案内や話が硬く感じるところかあったので、そう感じたのかも知れません。私には会話が説明的に聞こえて、現場での雰囲気が活かされていないと思いました。例えば、岡御殿がどんな所なのかという話が最初に全くなくて数分過ぎてから説明があり、中身が雰囲気として伝わらなくて、言葉は説明的でありながら中身が伝わらないのが少し残念な感じがしました。聞く側の慣れもあると思いますが、後半に行くほど良さも感じられました。アクトランドの龍馬の人形と握手をするところで「もっと強う握ってや」と言われたのに対して「へ」と言ったのは良くも悪くも私は好感を持ちました。番組の中で失礼にあたるところもあったと思いますが、これからそういったところに気を付けて、良い番組になるように進めてもらえたらと思います。  

委 員
 女性2人のパーソナリティが初々しく、素人っぽい感じがあり、好感を持てました。また随所に現場の音が入っており、臨場感あふれる番組だと思いました。登場する人たちも飾り気なく素朴な感じが良かったです。私も田野など、各地へ行ってみたくなりました。高知県内各所の魅力を届ける番組は少ないので、ぜひ継続し、このような番組が増えてくれることを期待しています。  

委 員
 みどりの日について「どうでもいいんですけどね」と言ったのは良くなかったと思います。ほっかほっか亭の取材は「タレがご飯に絡んで美味しい」とか「揚げたてサクサク」とかよく聞く言葉ばかりだったんですけど、すごく美味しそうでした。あまりにも出来過ぎていて、台本があるのか分かりませんが、読んでいる感がありました。少し長く感じました。田野駅屋さんのたけのこのお寿司は美味しそうでした。「インスタ映えする所があるよ」というのは良かったと思います。行くきっかけになると思います。フレッシュな2人ですが、声が似ていて分かりづらかったので、声の感じの違う方にするとか、キャリアのあるパーソナリティと一緒にしてはどうかと思いました。  

委 員
 意見があったとおり、みどりの日についてはダメですね。「閉…園時間」と言葉が途切れるところもあり気になりましたが、全体的に新人のぎこちないトークも愛らしいというゆるめな感じで聞かせてもらいました。ローカル色豊かな地元密着の番組でした。毎週テーマに沿って地域イベントや街の話題を取り上げて、ちょっと行ってみようかなという気になるような楽しい内容になっていると思います。ただ、未熟な感じは否めないので頑張って欲しいです。田野町のスタンプラリーの紹介は、お店の方とのやりとりが素朴で人の良さが伝わってきました。お店によってスタンプのデザインが違うと言っていたのでもっと話を聞きたかったし、どんなスタンプなのか見たかったのでインスタに載せて欲しかったなと思いました。アクトランドは、地元にいると龍馬歴史館は身近すぎて新鮮味がない感じがしたのですが、聞いていて少し行ってみようかなという気持ちも湧いてきました。パーソナリティ2人は声が似ていてどちらか分からなかったので、2人の違いを出せるように工夫すれば、掛け合いが分かりやすくなるのではないかと思います。一生懸命取り組んでいるのは垣間見えるので、失敗を恐れず、高知の隠れた良いところを掘り起こして欲しいです。ありきたりの観光PRやイベントの紹介で終わらないで欲しいと思います。    

 

2.その他エフエム高知の放送全般について 
     なし
7.審議機関の答申または改善意見に対してとった措置及び、
  その年月日

  なし  

8.審議機関の答申または意見の概要を公表した場合における内容、
  方法、及び年月日


  <第254回番組審議委員会>

   ・放送日 平成29年5月7日(日)25:00〜25:05
   ・議事録の公表(総務部にて)
   ・ホームページ   平成29年5月2日(火)

9.次回審議会は平成29年6月26日(月)17:30から開催
←FM高知トップページ